札幌腰痛整体

腰痛の種類

 

 腰痛は全世界で私たちを悩ませている。それでも、欧州ではその原因が姿勢にあるとして、就労中や家事作業中の動作で予防策が進み腰痛患者が激減しているという。

 

 腰痛一つにしても国家政策を取れる国や政府、そして国民は、人生を楽しむヒントを知っているのかもれない。

 

 我が国を始め世界各国でも、腰痛の多くがその原因を特定されていない

 

 ちなみに日本は腰痛が有訴率第一位と残念な結果であり、日本人の約8割以上が生涯において腰痛を経験しているとされている。

 

 

 

腰がいたいんです  

 

 

 このように腰痛に悩む方が多いのだが、病院では画像診断に異常が見られないと、疾患として認められず「問題なし」とされてしまう。仮に異常が認められたとしても、実際には腰痛患者の約8割の原因が特定されず、保存療法が用いられ、積極的な改善は望めないのが現状である。

 

 

 これにより腰痛は、8割の人が経験する大きな問題にも関わらず、病院での治療を諦め「我慢する症状」と認知されてしまう傾向にある。

 

 

 

腰痛の種類

・急性腰痛症(ぎっくり腰)・・・・筋肉痛、腰椎捻挫

・腰部椎間板症・・・椎間板の変形

・椎間板ヘルニア・・・椎間板が変形により突出

・腰部脊椎菅狭窄症・・・椎間板突出による脊椎、脊柱管の変形

・変形性脊椎症・・・骨の変形

・感染性脊椎症・・・感染

・腫瘍・・・良性、悪性腫瘍

 など

 

 

 

 痛みには筋肉由来の緊張性腰痛と、鈍い痛みが特徴の慢性腰痛がある。


 緊張性腰痛は、筋肉・筋膜などにストレスが過度に加わることにより、交感神経優位の状態が継続的に強いられ、これによりバランスが崩れ、腰痛が発症することが多い。

 

 

 慢性腰痛は、継続的疲労と老化、ストレスなどの心因性因子も多く関連してくる。

 

 

 腰痛を伴う疾患の中でも、特に注意が必要なものがある。

 

 腹部大動脈瘤や、大動脈解離は命の危険を伴うので、注意が必要である。このほか、場合によっては危険が高まる腎梗塞、急性膵炎などがあり、馬尾症候群になると排尿・排便障害になることがある。

 

 

 欧州のガイドラインでは、腰部に負担のかかる動作による脊椎・腰痛・神経などの障害、内臓疲労や腫瘍などの慢性疾患からの症状と大きく分けている。

 

 

 腰痛といっても腰に問題があることは、実際には少なく、他に問題があることが多いので見識を改める必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

 


最新情報&更新情報

2015.8.22 GEN気倶楽部は東京腰痛専門情報サイトを作成しました。