東京腰痛整体

腰痛を自分で治す方法

自分で腰痛を治す ここでは「腰痛を自分で治す方法」をご紹介して行きます。腰痛は人類において無くなることのない、いわば永遠のテーマと化しています。

自分で腰痛を治す

 とはいえ、多くの腰痛患者さんを診ているうちに、腰痛体験者さんから「○○すると改善したんだよね〜」など伺うことがあります。まさに腰痛患者さんが見つけ出した必勝法ともいえる方法です。

自分で腰痛を治す

 ここでは、そういった生の声を資料化した内容をご紹介したいと思います。

自分で腰痛を治す

 まず、一言に「腰痛」と言っても、個々で原因が違ったり、場合によっては病気が潜んでいたりしますので、左のサイドバーにある項目で排除してからにしてください。と同時に、これは腰痛になった方々から得た情報であって、必ずしも改善するということではありませんので、試される場合は個々の自己責任において行い下さい。

自分で腰痛を治す

 大きく分けて、腰痛で悩まれる多くの方は、単に痛いのか、痛いと共に足にシビレがあるのかで、重症度が分かれます。

自分で腰痛を治す

 単に「痛い」という方は、痛い部位を明らかにしなくてはなりません。

自分で腰痛を治す

骨盤部分

自分で腰痛を治す

骨盤部分の痛み

自分で腰痛を治す

腰の部分(骨盤より上)

自分で腰痛を治す

腰部の痛み

自分で治す腰痛

シビレがある

自分で治す腰痛

 腰の痛みとは別に、しびれがある場合があります。これは、神経がどこかで圧迫されていることで起こります。つまりはシビレは軽度の神経麻痺のようなもので

・触ったときの感覚の鈍さ

・温度感覚の鈍化(お風呂に足を入れても一部分の温度がわかりずらい)

・筋力の低下(足や指が動かしずらい)

などがあります。

 他にも神経反射が鈍くなる習性もありますが、これは専門の知識が必要ですので省かせていただきます。

自分で治す腰痛

しびれる部分

*前述したように、神経の圧迫によりシビレが発生しますので、基本的にはこれに限らず、どの部分にでもシビレは発生する可能性はあります。例えば、太腿の側面のシビレを感じる人も少なくありません。

自分で治す腰痛

 素人さんの場合、痛みとシビレをごちゃ混ぜにして仰る方が多く、中にはお尻がシビレた感じがするという人が「お尻が痛い」と表現される方もおります。

自分で治す腰痛

 一概に言えませんが、前者の「痛み」は、筋肉や骨に問題が起こっている場合が多く、また後者の「シビレ」は、筋肉や骨の問題が、神経機能を阻害するレベルまで進行していることを意味しています。

自分で治せる腰痛

 人間の体には、知覚領域というものがあり、感覚が鈍く感じる場所によって、おおよそですが「どこの神経が圧迫されているのか」を知ることができます。下の図は、その知覚部分の区分けについて現した図です。

自分で治せる腰痛

自分でシビレを治す自分で治せる腰痛 ここでは、腰から来るシビレについてですので、グリーンとブルーの部分についてです。まず、L1〜L5ですが、腰椎は英語で「Lumbar」といますので、頭文字の「L」を取って略しています。よって、L1というのは腰椎の1番目の脇から出た神経を現していますし、L3であれば腰椎の3番です。ちなみに仙骨部分は、幼児期は元々一個の骨ではなくて、背骨のように分裂していました。そのことから仙骨も仙椎と呼びますがこの部分を「Sacrum」といいますので、同じく略して「S」と表記します。それぞれ下のようになっています。

自分で治せる腰痛腰痛と仙骨痛

自分で治せる腰痛

 骨は神経を保護する鞘みたいなものです。大事な脊髄は骨の真ん中を走行し、背骨と背骨との間を抜けて、各抹消部分に神経を張り巡らせています。その際よくある現象が、骨と骨の間にある椎間板が破損してしまうことで、これがよく聞く「腰部椎間板ヘルニア」というものです。

自分で治せる腰痛

 例えば、L4とL5の間の椎間板ヘルニアで、L4脇から出る神経の根にぶつかりがあったとしたら、神経図のL4と書かれた所にシビレや知覚の鈍さを感じます。

自分で治せる腰痛

 実は、ご質問の中で一番多いのは「自分ではシビレの有無が分からない」というものです。そういった方は、ちょっと専門的ですが、整形外科でも用いられるシビレを誘発させる検査を自分で試して見ましょう。

自分で治せる腰痛

ヘルニアの検査

自分で治せる腰痛

 イラストのように、片足をゆっくり床につけた状態から挙げてゆきます。主に椎間板ヘルニアの方は、持ち上げる最中でシビレが強くなったり、症状が悪化します。注意すべき点は「ゆっくり持ち上げる」ということです。神経を意図的に厳しい状態にするため、反動をつけて持ち上げてしまうと、神経を痛めてしまう恐れがあります。

自分で治せる腰痛

腰痛には種類がある自分で治せる腰痛 腰痛とひとことに言っても、沢山のケースが考えられます。

・腰痛には単に痛みがあるだけの腰痛とシビレを伴う腰痛がある。

・腰痛には急に痛くなる場合と、いつの間にか痛くなるものがある。

 人によって、痛みの度合いの感じ方が違うという点もありますが、基本低に「痛みのみ」に関しては、色々な方法をトライしても壊れることが稀ですが、シビレに関しては「試してみてシビレが強くなるようなものは行わないようにする」というのが原則です。理由は、今行っていることが、神経への圧迫を強めているからです。神経を圧迫して良いことなどまずありませんし、やり方によっては神経そのものを傷つけてしまう恐れもあります。このことを十分にご理解の上、諸々をお試しください。

自分で治せる腰痛自分で治す腰痛自分で治せる腰痛・ウォーキングの有効性

 数ある「自分で治す腰痛」のNO1に輝くのはこのウォーキングです。歩くのは健康の基本と言われますが、確かに研究してみれば見るほどその通りだと思います。但し、単に歩き回るだけでは、改善は見込めません。タダでさえ腰に負担が掛かっているからこそ腰痛になっているわけですから、無駄に歩けば余計に負荷が掛かってしまうのは、容易に想像が付くはずです。

自分で治せる腰痛

ウォーキングで腰痛を治す

自分で治せる腰痛 では、一体どのような歩き方が腰痛に効果があるのかをご説明して行きます。

ウォーキングで腰痛を解消する方法

自分で治せる腰痛現在製作中です