札幌腰痛整体

感染性脊椎炎

 現代社会の重要問題である生活習慣病の一つの糖尿病。その患者数の増加と高齢化に伴い、感染に弱い状態の人が増加しています。これにより免疫力の低下が原因で、細菌などが脊椎にまで侵入し炎症を起こすことがあります。
 

 感染性脊椎炎は、化膿性脊椎炎と結核性脊椎炎に分類されます。

 東京感染性脊椎炎 


化膿性脊椎炎は、椎骨や椎間板が、結核菌以外の細菌に侵され、背部全体や腰に激痛が常時あり、安静時も痛みが治まらないのが特徴です。

 これは発熱を伴い、血液検査で白血球増加がみられてます。常時激痛に苦しむために、起立しての歩行は困難となり、進行すると脊髄麻痺となり重篤な問題となります。診断はX線検査、MRI、血液検査により行われます。

 一般的には安静と抗生物質により回復しますが、抗生物質の効果が現れない場合は、脊椎破壊の危険性がある場合や、麻痺が現れた場合は手術となるのです。

 免疫力の低い高齢者や糖尿病患者に発症数が増えており、黄色ブドウ球菌が多く、緑膿菌、大腸菌などに注意が必要です。

 

 一方、結核性脊椎炎(脊椎カリエス)は、脊椎が結核菌に侵される病気です。一般的には肺結核からの血行性感染ですが、泌尿器や生殖器の結核が原因となることもあります。

 背部痛や腰痛が長期間にわたり、倦怠感や微熱が続きますが、化膿性脊椎炎のような激痛や高熱は起こりません。

 脊椎から椎間板へ侵され、その周囲にまで炎症が広がり、膿みがたまりやすくなるのです。

 進行していくと脊椎の後部が突出して麻痺します。その後、膿みは鼠径部や臀部に溜まりますが、熱や痛みはなく冷膿症と呼ばれる現象になるのです。

 診断はX線、MRI、血液検査、ツベルクリン反応、膿みの細菌検査によく反応します。

 長期にわたり抗結核薬の投与が行われ、脊椎の破壊が進行して麻痺となった場合は手術が必要となります。