札幌腰痛整体

腰部脊柱管狭窄症

 脊柱は、頚部、胸部、腰部に分けられています。

 腰部にある骨が腰椎と呼ばれ、脊柱の支持・運動や脊髄の保護をしているのです。
 この腰椎の椎体後方にある穴の脊柱管を脊髄が通り、その脊髄の通り道が狭くなる現象が腰部脊柱管狭窄症とされています。

 東京脊柱管狭窄


 腰部脊柱管狭窄症は、先天的なものと後天的なものに分類され、そのうち後天的なものの原因は、腰椎の椎体・椎間板が膨隆して、脊柱管を縮めようとする圧力かかかることで、脊柱管の内部を通過している脊髄が圧迫され、さまざまな症状を引き起こします。
 脊柱管狭窄

 先天的に脊柱管が狭い人にも同様な症状が起こります。


 主な症状は、脊髄が圧迫されることで神経の栄養動脈が阻害され、圧迫された神経の種類により、足や腰の痛みや痺れ、坐骨神経痛様の痛み、間歇性跛行(少し歩くと足が痺れて休むと治る)などを起こします。

 この症状は姿勢で痛みが変わり、腰を反らすと神経の圧迫が強調され痛みが増加する事が多く、逆に前かがみや椅子に腰をかけると神経の圧迫が緩和され、症状が軽快する事があります。

 

 腰部脊柱管狭窄症の三大徴候

 腰痛・・・腰痛は症状が出ないこともありますが、症状があったとしても軽度のものが多いです。腰部脊柱管狭窄症の場合は、腰の前屈や後屈などの動きにより悪化または発症します。 

 後屈した際に下肢への放散痛を伴う事が多いです。これは、脊柱管が狭くなり神経根が圧迫されやすいからと考えられます。

 下肢の痛みや痺れ、筋力低下・・・この場合は特定部位に対応する神経根が圧迫されていることを意味します。一般的に、神経が圧迫され痛みや痺れの原因となっている脊柱の部位は、腰椎4・5番間、腰椎3・4番間が多いです。
後屈により神経の圧迫が強くなり太ももやひざから下の痛みが増し、前屈すると神経圧迫が減り緩和します。
身体を動かさなければ症状はありませんが、進行していくと神経変性となり常時痺れることもあります。

 間歇性跛行・・・歩行していると、痛みや脱力してしまい歩けなくなるのですが、小休止すると再び歩けるようになる症状です。腰痛も伴うこともありますが軽度が多いです。

 何度も歩いているうちに、下肢の広い範囲に痺れや痛み、ツッパリ感を生じはじめ、徐々に強まります。やがて、足の痺れや痛みのために、歩けなくなってしまいます。しかし、前屈により軽快することが多く、しばらくすると歩けるようになります。

 以上のような症状を見せますが、少し腰を前かがみにすると歩くことも可能となり、自転車では自然に前かがみになるため問題なく運転できます。

 

 腰部脊柱管狭窄症の症状の原因
 直接的な原因は、脊柱管を通過している脊椎神経・馬尾神経・神経根などの圧迫です。先天的にも起こりますが極稀で、大部分は後天的な理由によるものが多くみられます。

 馬尾神経圧迫の場合は、自覚症状として間歇性跛行(歩行するにつれて下肢両側や会陰部に痺れや灼熱感、冷感が生じる)で腰痛はほとんどありません。神経根圧迫の場合は、片側性の症状が多く、長時間の立位や歩行、後屈により下肢痛などが発現・悪化します。

 診断は、問診と画像検査(レントゲン・CT・MRI)が行われ、これらでほとんどが診断可能とされています。

 

 治療法
 薬物療法では、馬尾や神経根の血管拡張や血流増加を目的とした医薬投与されます。

 

 ブロック注射
 硬膜外注射:局所麻酔剤にステロイド剤を加えて硬膜外腔に持続的に流し込み浸潤させる方法。
 神経根ブロック注射:X線で映像を見ながら腰の神経根に注射針を刺し麻酔をする方法。

 注射針を直接差し込むので痛みがありますが、劇的な効果を発揮します。神経根には有効ですが、多恨性の筋力低下や知覚症状の場合は無効です。

 装具療法:腰椎前屈装具という軟性コルセットの着用で前かがみを維持する方法もあります。

 

 手術療法
 椎弓切除術:脊椎の後ろ側の骨を切除し脊柱管を拡大、脊髄の圧迫を取り除く手術。
 デメリットは脊椎全体の安定性が悪くなり、すべり症の危険が高まります。

 改善法@として、椎弓切除により開放した部分に骨を移植し、固定する方法があり、骨の移植ではなく、金属をスクリューで打ち込み強度を増す方法もあります。
 改善法Aとして、椎弓切除範囲を可能な限り最小で削るだけにするという手術。この技術には高度な技術が要求されるので、病院選びが重要となります。

 

 上記のように外科的な手術を受ける前に、代替医療によって改善された例も少なくありません。