札幌腰痛整体

妊娠による腰痛

 妊娠時の腰痛はつきものと思われる方が多いと思います。しかし、その理由はご存知でしょうか?

 東京腰痛妊娠腰痛

 「妊娠中は構造的に変化が起こるのでしょうがない」と思われますが、それだけではないのです。

 妊娠により生じる腰痛にはあるホルモンが大きく関係しています。

 そのホルモンが「リラキシン」という物質です。

 リラキシンは卵巣ホルモンの一つで、月経前や妊娠後3ヶ月くらいから出産直後まで分泌されます。このリラキシンは別名「子宮弛緩因子」と呼ばれ、卵巣、子宮、胎盤から分泌されます。

 その作用は、恥骨結合を弛緩させ、骨盤を不安定にすることを代償に、出産を促し胎児が産道を出るためのサポートをします。

 リラキシンの副作用には、腰痛のほかに臀部や恥骨周辺、鼠径部、大腿裏側の痛みや痺れ、尿漏れなどがあります。

 妊娠する前から日常的に運動を習慣的にしている方は、腰痛になりにくいことが多いのですが、これは筋肉によるサポートがあるからです。