札幌腰痛整体

月経痛と腰痛

 女性特有の腰痛として、生理に関連して起こる腰痛があります。生理痛と腰痛が併発する方も多く、その症状が重い方の場合は歩行困難になる事さえあります。

 この痛みは生理中に分泌されるホルモンが関係し、その中でも黄体ホルモンの分泌が影響しています。

 黄体ホルモンの働きは、受精卵の着床に備えて子宮内膜を厚くするのです。粘着性のおりものを排出して、細菌などの侵入を防ぎ感染から守る作用があります。また、血管を拡張させ骨盤内に血液を溜め、乳腺の発育や、妊娠に備えて栄養を蓄えるのです。(生理前に甘いものが欲しくなるのは、これが原因かもしれません。)


 そして黄体ホルモンが分泌されると、プロスタグランジンが子宮を収縮させ、その収縮が過度に起こると、子宮への血行が悪くなり痛みが生じることとなります。

 しかし、プロスタグランジンは、子宮を収縮させ月経時の血液排泄のために必要な物質です。
 月経困難症の方は、プロスタグランジンの産生が過剰であることが多く、これにより子宮が過剰収縮すると、子宮へ流れ込む血液が減り、子宮が酸欠状態に陥ります。子宮は厚い筋肉で構成されているため、これが酸欠状態になると疼痛を生じます。これに刺激され、腰部の筋まで伝播して、腰痛として現れるのです。

 それに加え、若い女性や出産経験の無い女性に多くみられるのが、子宮口や子宮頚部が狭く、経血が排出されづらくなることで痛みが生じるのも原因です。


 他にも、月経時は心身的にストレスがかかり、腰痛を誘発することがあります。月経時はホルモンバランスが崩れやすく、イライラや焦燥感が通常以上にかかり自律神経も乱され、血行障害や神経過敏となり腰痛となることがあります。

 

東京腰痛生理痛

 

 月経困難が著しい場合は、薬物でプロスタグランジンの産生を抑制させたり、平滑筋の収縮を抑える薬剤も使用されることがあります。
重症な月経困難の場合は、経口避妊薬(低用量ピル)が処方され、排卵の抑制により子宮内膜が薄くなり、結果月経量が減少し痛みが軽減されることあります。

 しかし、経口避妊薬には血栓症になりやすいという副作用があり、喫煙者は特に静脈血栓症、肺塞栓症、心筋梗塞、脳卒中などのリスクが高くなると言われています。