札幌腰痛整体

腫瘍と腰痛

 非常に稀ですが、椎骨や脊髄の周囲に腫瘍ができることがあります。
しかし、その腫瘍のほとんどが良性の事が多いようです。


 症状は、椎間板ヘルニアと似ていますが、痛みのタイミングが不規則か、常時痛みがあるのが特徴です。腫瘍が肥大すると下肢に麻痺が生じたりします。

 上記のほかに臓器にできたがん細胞が、血液によって脊椎に転移し悪性腫瘍となる場合もあります。この場合、背部が激痛を伴い、脊椎と椎間板を破壊していきます。

 血行性転移は、乳がん、前立腺がん、肺がんに頻度が高ようです。進行が神経まで及ぶと、坐骨神経痛のような激痛も起こります。

 自覚症状は、疼痛、四肢のしびれ、筋力低下と夜間痛が強くなり安眠が出来なくなることがあります。

 関節損傷や筋肉の損傷の場合は楽な姿勢が必ずあります。しかし、楽な姿勢がなく寝ていても痛みの休まる位置がない場合は、腫瘍が原因と考えられますので、いずれにしても医師による診断が必要です。

 

恵比寿腰痛ボタン