札幌腰痛整体

腰部椎間板症

 椎間板は脊柱の一つである椎骨と椎骨の間にあります。

 東京椎間板
 この椎骨が腰部に位置し、その間にあるものが腰部椎間板となります。

 椎間板の役割は、脊柱の可動性を持たせながら、クッションのように圧加わった力を分散させる役割があります。
 

 椎間板の中央部は「髄核」といって、水分が潤沢なゲル状の物質からなり、その髄核を覆うように外側には「線維輪」という、非常に丈夫なコラーゲン線維が、ミルフィーユの様に重なり、髄核が外へ出ないように守っています。

 地球に重力がある限り、椎間板には常に負荷がかかってしまいます。20代前半には(スポーツ選手や姿勢の悪い人はそれよりも早い段階で)加齢やストレスなどにより、髄核の水分が減少して変性(老化)が起こってきます。

 老化現象により椎間板の支持性やクッション性が低下し、対象椎骨の靱帯や関節・筋肉などに負担が加わり、腰痛を発症することがあります。


 このような椎間板の変性により生じた腰痛が、腰部椎間板症と呼ばれています。


 症状は画一的ではないですが、急性・慢性腰痛時に前屈位に痛みが強くなることが多く、下肢症状や膀胱、直腸症状が伴うことはあまり見られません。


 腰部椎間板症は、診察だけでは判断が難しいケースが多く、レントゲンだけでなくMRIでの画像検査が必要です。

 治療は保存療法が基本となり、鎮痛剤やコルセットの装着に留まることが多いようです。しかし、日常生活に制限が出るほどの痛みが長期続いた場合は、手術となることがあります。

 上記のような保存療法で痛みが治まったからといって、そのまま放置していると、ある事をきっかけに椎間板ヘルニアと移行してしまうので、定期的な検査も重要なことです。