札幌腰痛整体

腰椎分離・すべり症

 腰椎すべり症とは、脊柱を構成している骨の椎体が、下位の椎体に対して前方にズレている状態を言います。

 これにより、腰痛や下肢痛、痺れなどの症状が現れるのです。レントゲンで「すべり」が発見されても全く無症状のことも少なくありません。

 脊柱には生理的彎曲(自然の湾曲)が存在し、頚部では前彎、胸部では後彎、腰部では前彎しています。

 東京脊柱の生理湾曲

 この彎曲が存在することにより、腰椎の椎間板にかかる荷重は、重力による垂直方向から前彎により傾斜が生じ、上記の赤矢印のように、前方への力へと変わるのです。

 ここで何らかの理由により、その位置を維持する事が出来なくなると、腰椎すべり症となります。

東京腰椎分離すべり症

 その原因が関節突起(上図)の分離によるものは「分離すべり症」となり、分離がなく腰椎の変性が主因の場合は「変性すべり症」。先天的に腰椎に奇形や脆弱性がある場合は「形成不全性すべり症」と分類されます。

 また、外傷や腫瘍・感染や骨破壊によりすべり症となることも稀にあります。

 腰椎(関節突起)椎間板への生理的許容範囲を超えた力が加わることで、腰椎が不安定になり腰痛が生じる。分離、形成不全から腰痛となり、すべり症が悪化し、神経圧迫をして脊柱管狭窄症となります。

 自覚症状は、腰痛と下肢痛、痺れが生じます。動作時に痛みが出現し、神経圧迫があれば、脊柱管狭窄症の症状(筋力低下や間歇性跛行など)が生じます。
 

 腰痛や下肢痛は伸展位(反る状態)で増悪することが多でしょう。

 すべり症の検査はレントゲンが一般的。これによって、腰椎にすべりが生じているか、分離が起きているか診断できます。レントゲンは正面、側面、斜面の3方向から撮影され、特に斜面から映像が重要視されます。

 斜面からの映像では、椎骨の後方にある関節突起が分離により首輪をした犬(スコッチテリア犬)の様に写るので有名です。

 東京スコッチテリア 


 レントゲンで分離部が見えない場合には、CTが行われ、問診により神経圧迫が示唆される場合はMRIも行われます。

 分離すべり症の場合は、痛みが神経に由来するものかどうかを調べるために、圧迫されているだろう神経根に麻酔を注射する「神経根ブロック」が行われ、これにより痛みが消えた場合は、その神経が障害されていると診断されます。

 

保存療法となった場合
 安静が指示され、腰に負担のかかるスポーツや作業は禁止されます。

 痛みを抑えるために、非ステロイド性消炎鎮痛剤が処方され、神経炎症を抑え、痛みをとり除きます。

 薬はこの他にも筋弛緩薬・神経賦活薬・末梢循環促進薬などが併用されることもあります。

 これで痛みが治まらない場合は、神経根ブロックなど局所麻酔注射も行われます。

 分離すべり症では、保存療法では十分な効果が得られず、手術療法となることが多いです。

 手術の必要性は、仕事や日常生活の活動状況により異なり、症状だけでなく職業、年齢と希望する生活スタイルなど、種々の要素を考慮して、手術を受けるか決定することが大切です。

 

分離症の場合
 分離した骨が肥厚して神経根を圧迫しているときは、それを取り除き神経圧迫を開放します。分離した部分は金属を用いて修復されます。


すべり症の場合
 ずれている腰椎を戻し、固定します。固定方法は大きく2つに分けられ、1つは金属を用いて後方から固定する方法、2つ目はすべってしまった腰椎とその下の腰椎との間に、他の部位からとった自分の骨を移植し、腰椎をつなぐ前方固定術があります。
 前方固定術は骨の結着に時間がかかりますが、後方固定術は金属のため時間はかからないのです。しかし、前方固定術には椎骨の間に骨を移植することで水平・垂直方向にも安定性が生まれます。そのため、神経根圧迫があるすべり症には適しています。